家の売却は大手の方が良い?それとも中小の方が良い?

家の売却は大手の方が良い?それとも中小の方が良い?

家を売るなら大手の方が良い?

「家を売るなら大手の不動産仲介業社に依頼するのが良い」と考える人は多いようです。確かに大手の不動産仲介業社は中小の不動作仲介業者よりも販売力が高い場合が多いです。

 

これは大手の不動産仲介業社の方がインターネット広告やチラシ等の広告宣伝力が充実している為だと考える事ができます。

 

また、大手の業社の場合は、豊富な不動産の販売実績により、不動産の販売方法がマニュアル化されていて間違
いがないと言えるかもしれません。

 

つまり大手の不動産仲介業社の方が安心して家の売却を依頼できると言えるでしょう。

 

大手だからという理由だけで依頼すると失敗する?

ですが大手の業社だからといって全ての業社が良い業社だとは限りません。大手の業社と言っても地域ごとで支社や支店が沢山あります。

 

その為同じ系列会社だからと言っても、支社や支店によってサービスの質や社員の質は変わってきます。

 

例えば「大手だからと安心して家の売却を依頼してはみたけれど、自分の希望額での売却はできなかった」という場合や「お店の対応やサービスに満足できなかった」という場合だってあるのです。

 

大手の方が安心だが、中小でも信頼できる会社はある

確かに大手の不動産仲介業社の方がサービスが充実している傾向にあると思います。ですが中小の不動産仲介業社でもサービス内容がきめ細やかな会社もある事は確かです。

 

また、会社というのは、それぞれ個性というものがあるので「A社が一番信頼できる」という人もいれば「A社よりもB社の方が信頼できる」という人がおり、人それぞれ求める会社が違う場合だってあるのです。

 

そう考えると、やはり不動産仲介業社選びは、複数の業社を比較してどの業社にお願いするのかを決定する必要があるでしょう。

 

その為に複数の業社への家の一括査定をお勧めします。信頼できる業社の選び方や、効率的な査定依頼の方法をトップページでご紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。