家の売却【清掃のコツ】

家の売却【清掃のコツ】

まずは物を減らす

家の売却で重要なのが、家の購入希望者による内覧見学です。この内覧見学によって家(物件)の印象は大きく変わってきます。

 

つまり内覧見学で良い家だと思ってもらえるような清掃をする事が一番重要であり、最終目的であるという事を念頭においておきましょう。

 

また家が綺麗でスッキリとしているように見えるポイントして重要なのが物が少ないという点が挙げられます。この点をクリアできるように部屋の中の物で不要なものは処分するか、家とは違う場所へ待避させるように心がけましょう。

 

一番汚い所から

◎水まわり

家で一番汚れやすい所はやはり水回りになります。なぜならばキッチンならば油汚れ、トイレやお風呂はカビやしつこい汚れがつきやすい場所だからです。

 

逆に言えば水回りをピカピカにしておけば、見学者にかなり良い印象を与える事ができる事になります。つまり水回りの清掃は内覧見学の際の最重要ポイントになりますので十分注意をして下さい。

 

◎庭

一戸建ての場合には庭がある場合もあると思います。その庭が雑草がボウボウであったなら「まるで空き家のようだ」と思われても仕方がありません。もし欲張るのならよく見える場所に花が植えてあったなら、さらに得点が高くなるでしょう。

 

◎ベランダ

ベランダも綺麗であれば有る程良いですが、人によってはガーデニングをされている人もいるかもしれません。もしガーデニングをしている場合には鉢が雑然と並んでいると散らかって見えますのできちんと整列させて端に寄せる等の工夫をしましょう。

 

また枯れた鉢などがあった場合には非常に印象が悪いので、そういう場合には片付けるようにして下さい。

 

◎窓、照明

窓や照明が汚れていると部屋の中が暗くなってしまいます。部屋の明るさは部屋の見た目の印象を大きく左右する事なので、窓と照明は綺麗に磨くような気持で掃除をしましょう。

 

掃除の手順

◎掃き掃除

清掃をする場合にはその順番も重要です。まずは掃き掃除や掃除機でホコリやゴミを綺麗にしましょう。掃き掃除をする事によって部屋の全体の状態を把握できるので、この時に特に汚れている箇所や、気になる箇所をチェックしておきましょう。

 

◎拭き掃除

まず掃き掃除の時にチェックした汚れがひどい箇所や、気になる箇所を集中的に拭き掃除をしていきます。その後全的に拭き掃除をすると効率が良いでしょう。

 

◎磨き掃除

拭き掃除をしてみると、この部分を綺麗にするともっとよく見えるという部分が出てきます。その部分を磨き掃除をしていきます。

 

またキッチンやトイレ、お風呂などの水回りは磨き掃除に向いている場所でもあるので、水回りを集中的に掃除しても効率が良いでしょう。