家の売却:住宅ローンが残っていても売却できるの?

家の売却:住宅ローンが残っていても売却できるの?

「家を売却したいけど、住宅ローンが残っているので売却を悩んでいる」という方は以外に多いようです。ですが今なら住宅ローンが残っていても家の売却は可能です。

 

なぜ、今ならと言うと・・・
このホームページでは「住宅ローンが残っているけど家を売却したい」という方の為の耳寄りな情報をご紹介しています。

 

売却時に完済できるならOK

基本的には住宅ローンが残っていた場合でも、家の売却時にローンが返済できれば問題ありません。ですが家の売却時にローンが返済できるか分からないという方は多いと思います。

 

その為に自分の家が今どれぐらいの価値を持っているのかを調べておく必要があります。その為には不動産仲介業社に査定を依頼しなければなりません。

 

です不動産仲介業社への査定依頼の方法を失敗すると「家の査定額が安い」「家の売却額が安い」などの失敗をする事もありますので、その点は気を付けて下さい。

 

※「家を最高値で売却する方法」についてはトップページで詳しくご紹介しております。

 

売却時にローンが残っていてもOK

ですが、最悪家の売却時にローンが残るような場合でも売却は可能です。なぜならばローンサービスの中には「買い換えローン」というものがあるからです。

 

実は現在は政府の低金利政策のおかげで、非常に金利が低くなっています。今の状況なら「買い替えローン」を利用してより安い金利のローンに乗り換えが可能です。

 

ちなみに「買い替えローン」とは家を買い換える事で利用できるローンの事です。興味のある方は自身の家で「買い替えローン」が利用可能であるか検討される事をお勧めします。

 

ローン返済の負担を軽くする為にできる事

先ほど「買い替えローン」の事をご紹介しましたが「買い替えローン」使用時にお勧めなのが「一戸建て」から「中古マンション」への買い替えです。

 

皆さんもご存知のように、一戸建てでもマンションでも新築の場合には、入居した日に2割も資産価値が下がってしまいます。

 

そう考えると新築にこだわる必要がない事が分かると思います。ましてや過去に新築マイホームを購入した人は、すでに新築の購入は経験済ですから、同じような新築購入という経験をする事はあまり意味がないと考える事もできます。

 

それよりは資産運用という視点に切り替えて、不動産の購入を考えると良いのではないでしょうか。

 

話がそれてしまいましたが「一戸建て住宅」の場合には約20年で建物の値段が0円になってしまいます。ですが「分譲マンション」の場合には20年で0円になるという事はありません。

 

物件によっては30年でも、そこそこの価値を持つ分譲マンションは沢山あります。そう考えると分譲マンションはお買い得な不動産物件である事が分かります。

 

そうは言ってもまずは中古マンションを探すよりも、自身の家の売却価値を知る必要があります。「お得な家の売却法」については、トップページにてご紹介しておりますので、参考になさって下さい。