家の売却【賢い会社の選び方】

家の売却【賢い会社の選び方】

信頼できる不動産仲介会社の選び方

◎複数の会社へ査定依頼をする

まず信頼できる不動産仲介会社を選ぶ場合には、複数の会社へ査定依頼をする事が重要になってきます。査定というのは家を売却する時のおおよその金額の算出の事ですが、この査定額を比較する事で自身の家の相場と不動産仲介業社の力が分かります。

 

ですがここで気をつけなければいけないのは、査定額が一番高ければ良いというわけでは無い事です。例えば不動産仲介業社は媒介契約(家の販売を請け負う契約)を欲しい為に実際に売れる事がない査定額を提示する会社も存在しますので、その点は気をつけましょう。

 

つまり査定を依頼する側も「査定額=売却額」ではない事を理解する必要があるという事です。

 

◎どれだけ高く売れる方法と対策を持っているのかを知る

では査定額では会社は選べないかというとそうではありません。その会社の力量を知る為には「査定額を算出した根拠を示してもらう」事が一番解りやすく確実な方法になります。

 

実は不動産仲介業社はどの会社も同じような査定額の算出方法を使っています。ではなぜそれぞれの会社で査定額が違ってくるのでしょうか?それはそれぞれの会社が過去販売した不動産物件のデータも参考にしながら査定額を算出しているからです。

 

つまり過去に同じような事例の家を高額で販売していれば、その金額を参考に査定額が出されている場合があるのです。要はそのような販売力のある会社を複数の会社から選ぶという感覚で複数の会社へ査定を依頼しているという事を忘れないようにして下さい。

 

◎1社へ依頼する事のデメリット

また、なぜ複数の会社へ査定を依頼する必要があるかという点について違う視点から説明させて頂きます。例えば査定を1社に依頼した場合には、不動産仲介会社がどのような会社なのかを全く知らない状態で仕事を依頼する事になってしまいます。

 

また1社だけに査定を依頼すると、その査定額が本当にその家の相場と合っているのかという判断ができません。そして一番重要なのが悪徳不動産屋に当たってしまった場合です。もしこのような会社に査定を依頼してしまった場合に、その会社一社にだけ査定を依頼していたならば、その会社を断る口実がありません。

 

ですが、複数の会社へ査定を依頼する事で「今複数の査定結果を元に検討中です。」という返事ができるのです。また後々その会社を断る際には「申し訳ありませんが、他社に家の販売を依頼する事にしました。」と丁寧に断りの電話を入れておけばすんなり断る事が可能になります。最後に「1社に査定をする事のデメリット」をまとめると下記のようになります。

 

【1社に査定をする事のデメリット】
・査定額を他社と比較できない
・査定額が相場とどう違うのかが分からない
・断る時の理由を見つけるのに困る
・その会社が実際に良い会社なのかを判断できない

 

不動産仲介業社の思惑を知る

◎不動産仲介業社は家が売れさえすれば良い

不動産会社も事前事業で仕事を行っている訳ではありません。どんなに良さそうな不動産仲介会社でも最終的な思惑はただ1ちです。それは「契約した家が売れる事」です。

 

「家が売れる事」については家のオーナーとの利害が一致していますので何ら問題はありません。ですが実際に販売価格で売れそうにない場合には問題が発生します。

 

それは家のオーナーと不動産仲介会社との思惑がずれてくる事です。家のオーナーは「できるだけ家を高く売りたい」という願いがあります。ですが不動産会社の方は高く売るよりも確実に売る方が大切なのです。

 

そうすると必ず会社側は「値下げして販売しましょう」という交渉をもちかけてきます。もちろん値下げをして販売をすれば売れる確率が上がる事は間違いありません。

 

ですが値下げをする前に広告宣伝に力を入れてもらう等の対策はあるものです。つまり「値下げ」を提案された時に安易にそれを鵜呑みにするのではなく「何か他に方法はないんですか」と不動産仲介会社へ聞いてみる事も大切です。

 

この時の対応方法でその会社が信頼できる会社であるかを見極める事ができるかもしれません。