2020年の東京オリンピックが家の相場に及ぼす影響

2020年の東京オリンピックが家の相場に及ぼす影響

東京オリンピックの影響で不動産バブル?

2020年にはいよいよ東京オリンピックが開催されます。東京オリンピックにはオリンピック選手を始め各種メディアの人達や多くの観光客が訪れます。

 

この東京オリンピック開催の影響で東京近郊の地域の不動産価格が上昇していると言われています。特にオリンピック会場が集中する東京の湾岸地域の不動産価格が軒並み上昇する傾向にあるようです。

 

またこの地域の高級マンションは中国人や外国人投資家が部屋をいくつも購入しているという話もよく聞くお話です。例えば中国人がマンションを購入した際には日本との文化の違いから日本人とトラブルになる事や、マンション住民が迷惑を掛けられるという事がある程です。

 

東京や関東近辺の不動産物件は買いなのか?

このようなお話を聞くと東京の住宅やマンションなどの不動産物件は買いなのか?と考える方は多いと思います。ですがもう東京オリンピックは数年先まで迫っています。

 

そう考えると今東京の不動産を買いなのかと言えば、ちょっと遅いというのが本当の所かもしれません。

 

東京オリンピック後には不動産の相場が下がる?

なぜならば東京オリンピック後には東京の不動産価格は下がると、多くの人が予想しているからです。また東京オリンピックを待たずに東京の不動産価格が下落するというお話もポツポツと聞くお話です。

 

そのように考えると東京のマンションや不動産はそろそろ売りどきに差し掛かっているとも予想できます。

 

気になる放射能の影響は?

また東京オリンピック後の不動産価格の影響とは別に、東京にはもう1つの懸念材料がある事は確かです。それは福島原発による放射能汚染です。

 

現在の日本の総理大臣である安倍首相は東京オリンピック招致の演説で「日本の原発(放射能)は完全にコントロールされている」という類の言葉を使いました。

 

ですが、インターネットや週刊誌などの情報から推測すると、どうやら日本の原発や放射能はコントロールできていないという事が分かります。

 

その証拠に東京では心臓病や突然死が急増しているというお話をよく聞きます。東京に住んでいる人の中には放射能の事を考えて地方へ移住したという人もいるぐらいです。

 

そう考えると東京の不動産物件は、短期的所有に留めて、どこかの段階で売ってしまった方が良いという判断も必要かもしれないと思ってしまいます。

2020年の東京オリンピックが家の相場に及ぼす影響関連ページ

家の売却:空き家は売れにくいのか?実は高値で売れる?
家の売却時の価格の調べ方