家の売却時の価格の調べ方

家の売却時の価格の調べ方

家の売却価格は毎年変わります。その為、今の時期に自身の家がどれ位の価値があるのかを正確に調べるのは、ちょっと難しいところがあります。

 

今回は家を売却した場合の調べ方を色々ご紹介しています。

 

不動産鑑定士に査定依頼をする

不動産鑑定士とは、不動産の価値を診断する国家資格「不動産鑑定士」を持った不動産鑑定のプロを指す言葉です。

 

ですが家を売却する場合には、この不動産鑑定士に依頼するのはお勧めしません。なぜならば、不動産鑑定士の査定額とはあくまで、信頼のあるプロの査定という事であって、実際にその査定額で家が売れるという事とは関係がないからです。

 

家の売買契約は一般的には個人対個人になると思います。確かに間に不動産仲介業者が介在はしますが、最終的ね不動産売買契約に関しては個人対個人です。

 

つまり、買い手がこの値段で欲しいと思うか思わないか、又は実際にその値段で取引き(売買契約)されるかという事が重要になってきます。

 

そうなると、実際に売りに出して売買契約が終了するまで本当の値段は分かりません。また実際のところ「不動産鑑定士が出した査定額だからこの値段で買います」というお客さんは皆無でしょう。

 

具体的には、「今売りに出されている売り家の物件の内容と値段」を複数件比較してどれにしようかと検討して気に入れば家を購入するというのが、家の買い手の心理です。

 

誤解のないように言っておくと、これは不動産鑑定士の査定額があてにならないと言っている訳ではありません。例えば親族間での不動産の売却や譲渡では正式(公式)な値段算出が必要な場合が多くあります。この場合には不動産鑑定士の査定額は非常重要な役割をもってきます。

 

つまり不動産鑑定士に査定を依頼するのはケースバイケースで使い分ける必要があると言う事です。

 

不動産仲介業社に査定依頼をする

 

先ほどご紹介した、不動産鑑定士に査定を依頼した場合には、最低10万円以上の費用がかかてしまいます。ですが不動産仲介業社に査定を依頼すると無料で査定をしてもらえます。

 

ただし不動産仲介業社の場合には、仕事を依頼してもらえると言う事で無料で家の査定を行っているという事を忘れないようにしましょう。

 

その為に、査定後はある程度の営業攻勢がある事も覚悟しておく必要があります。ですが、実はこのような営業攻勢をうまく交わす方法もありますので、ご安心下さい。

 

それは、複数の不動産業社へ査定を依頼する事です。複数の業社に査定を依頼すれば「他の業社の査定を比較して検討中です」と一旦不動産仲介業社との距離を保つ事ができます。

 

また、それでも無理な営業活動をしてきた場合には「他の業社と契約をしました」と断りの文句を言えばいいだけです。

 

ちなみに「複数の業社に一括査定する方法」や「家を最高値で売る方法」について、トップページでご紹介していますので参考にしてみて下さい。