家の売却:エアコンの有る無しや処分について

家の売却:エアコンの有る無しや処分について

エアコンがあるないで売却額に違いがある?

家にエアコンが付いている付いていないで、家の売却額には、ほとんど違いは出てきません。

 

エアコンはおまけぐらいに考えておきましょう。

 

エアコンの付与は売り主都合で判断する

家の売り主側がエアコンを必要とする場合には、売り主の都合でエアコンを設置設備として付与するのかそうでないのかを決めてしまいましょう。

 

エアコンの有る無しでトラブルになる事も

エアコンや照明器具等で買い主と売り主との認識の違いでトラブルが発生する場合があります。

 

簡単に言うと、家の買い主は「エアコンが付いていると思っていた」家の売り主は「エアコンは始めから持ち出すつもりだった」と言う具合に両者の認識が違っていた場合がそうです。

 

このような事が起こる原因としては、家の内覧見学の際に付帯設備についてもしっかりと説明していなかった為だと考えられます。

 

エアコンや照明等の付帯設備については、家の内覧見学をする前からしっかりとどうするのかを決めておきましょう。

 

また、内覧見学の際に付帯設備表を前もって渡しておくと、後々エアコンや照明などの付帯設備の事でトラブルになる事は少ないと思います。

 

エアコンが要らない場合の処理方法

エアコンを売り手も買い手も必要としない場合もあると思います。その場合には、不動産仲介業社にエアコンの処分を頼まずに、自分でリサイクル業社などに連絡をし買い取ってもらいましょう。

 

不動産業社へエアコンの処分を依頼するとお金をとられる場合が多いですが、リサイクル業社へ依頼をするといくらかで買い取ってもらえます。

 

エアコンの処分にお金をとられるのと、お金が貰えるのとを比較すると何万円もの差額が発生します。いらぬ所で何万円も損をしないように気をつけましょう。