家の売却【居住権の問題があると家が売れない事も】

家の売却【居住権の問題があると家が売れない事も】

居住権とは

居住権とは借家やアパート等の賃貸契約が発生した場合に、住んでいる人つまり借り主の持っている「その賃貸物件に住む権利です」

 

契約期間内であれば、正当な理由がないのに家の貸主が、借り主に賃貸物件から出て行くように指示や命令等ができないようになっています。

 

もし賃貸契約をしていない場合でも、例えば親戚に無償で家を貸している場合でも、無理やり家を出て行くように促す事はできません。

 

住んでいる人に出ていってもらうには

賃貸契約を結んでいて、居住者が居住権を主張した場合には無理やり出ていってもらう事は不可能です。もしどうしても出ていってもらいたい場合には、立ち退き料を居住者に支払う必要が出てきます。

 

立ち退き料はケースバイケースですが、少なくとも「引越しにかかかる料金、引越し先の敷金礼金、迷惑料」ぐらいは必要です。

 

かと言って引越し先の敷金礼金の値段等は引越し前には分からない場合も多いと思います。そのような場合には「家賃の6ヶ月分の金額と迷惑料」という計算をする場合もあります。

 

例えば4万円の家賃だった場合には24万円と5万円〜10万円で合計29万円〜34万円となります。「29万円〜34万円」ぐらいあれば新しい新居へ移る為の最低限の費用とはなると考える事もできます。

 

居住権を主張されると家の売却はできない

その家が賃貸物件で、何らかの理由で売却をしたい場合には、その家と土地ごと売却をする事も可能です。当然の事ですが、借り主から家賃を取っている場合には、家賃収入ごと売却する事になります。