家の売却時の仏壇の処分について

家の売却時の仏壇の処分について

仏壇は捨てても良い?

◎魂が入っている場合

仏壇には魂が入っているのか、魂が入っていないかで処分の方法が変わってきます。

 

ちなみに仏壇に魂を入れる方法を「開眼法要」といいますが、これが行われているかどうかが仏壇の処分方法の違いに大きく関わります。

 

詳しく説明すると「開眼法要」というのは仏教のお坊さんによって、仏壇に魂を入れる事です。逆に仏壇の魂を抜く方法を「閉眼法要」といいます。

 

ここまでお話をすると感の良い方はお分かりだと思いますが、仏壇を処分するにはお坊さんによる「閉眼法要」の儀式が必要となります。

 

つまり形式的には「閉眼法要」をする事で、仏壇は魂が抜けた状態になるので、そのまま仏壇を処分する事ができる事になります。ですが仏壇は故人を敬う道具ですので粗末に捨てる事は避けたい所です。

 

◎魂が入っていない場合

先ほどもご紹介しましたが、仏壇に魂が入っていない場合(開眼法要)をしていない場合は、粗大ゴミなどで仏壇を捨てる事が可能になります。この時も今まで大切にしたきた物であるので、感謝をして処分するように心がけましょう。

 

仏壇の処分方法

◎粗大ごみ

仏壇を粗大ごみで出せるかどうかは地方や自治体によって変わってきます。自分が住む地域の担当窓口に問い合わせてみましょう。

 

◎リサイクル

リサイクル業社へ仏壇の処分を依頼すると、いくらかで買い取ってもらえる場合もあります。値段がつかない場合でも引き取ってもらえる事が多いので試しに連絡してみるのも良いでしょう。また逆に処分代が発生する場合もあるので、複数の業社へ事前問い合わせする方法が良いかもしれません。

 

◎仏壇屋さん

仏壇屋は仏壇屋さんに処分を依頼すると一番安心かもしれません。処分の料金についてはお店によって違うので事前に問い合わせてみましょう。