家の売却【オーバーローンが駄目な理由とは】

家の売却【オーバーローンが駄目な理由とは】

オーバーローンとは

オーバーローンとは住宅を購入した金額よりも住宅ローンの金額の方が高くなる状態の事を言います。つまり多めにお金を借りる事ができるというおかしな状態の事です。

 

基本的には購入した家が担保になる事になりますが、もし住宅ローンを払えない場合にはその住宅を売却して、その返済に充てる事になります。ですがオーバーローンの場合ですと、大きな確率で家を売却した後に借金が残るという状況に陥りやすいという問題があります。

 

オーバーローンで返済できない事も

先ほどもご紹介しましたが、オーバーローンで住宅ローンを借りた場合には、ローン金額がさらに高額になるので、ローン返済が滞った場合には自動的に多額の借金を抱える可能性が高くなります。

 

例えば住宅ローンの返済中に失業した場合には、ローンが返済できない状態になってしまいます。この場合には住宅が借金返済の担保になっていますので、まずはこの住宅を差し押さえられる事になります。

 

ですがほとんどの場合中古住宅はかなりの安い価格で売却される事になりますから、結果的に家を失った挙句に大きな借金を背負う事になる場合が多いのです。

 

住宅ローンを住宅の購入意外に使うのは法律違反

住宅ローンがオーバーローンになった場合には、残った借入金を住宅の購入意外に使うといった選択肢も考えられます。ですが住宅ローンは住宅の購入意外に使用する事は法律にて禁じられています。

 

つまり、このように住宅ローンを不正に利用した場合には、最悪の場合には住宅ローンを一括で返済する事を求められる可能性もあるのです。

 

もちろん住宅ローンを一括で返済できる訳はありませんから。最悪の場合には自己破産に陥ってしまう場合だってあるのです。