家の売却で後悔するケース色々

家の売却で後悔するケース色々

相場よりも安い値段で売ってしまった

一番多い失敗は相場よりも安い値段で家を売却してしまった場合です。例えば家の売却についての予備知識が全くなかった場合には、不動産仲介業社の言われるがままに家の売却が進んで行くことになります。

 

もちろん信頼ができるような不動産仲介業社であれば、何ら問題はありませんが横着な業社へ家の売却を依頼してしまった場合には、家の売却後に自分の家を相場より安く売ってしまった事に気付くというケースもあるのです。

 

複数の会社に査定を依頼しなかった

先ほどご紹介した例のように、相場より安く家を売却してしまった場合の多くが不動産仲介業社の選び方の失敗が原因となっています。

 

ではなぜ、先ほどの例のような方は不動産仲介業社の依頼で失敗してしまうのでしょうか?それは最初の査定依頼の仕方で失敗するかしないかが大きく変わってきます。

 

もし家を売ろうと考えて、不動産仲介業社の1社だけに査定を依頼する事は非常に危険です。なぜならば、このような行為は何百万の得か損かを選ぶ選択をギャンブルのように出たとこ勝負で選んでいるという事だからです。

 

家を売却する際には何千万ものお金が動く事になります。このような場合には10%の売却額の違いで何百万円も損と得かの差がでてしまいます。

 

また、家を売却する時に家のオーナーにとっては大切な資産を手放す訳ですから、1円でも高く売りたいという願いを持っています。ですが不動産仲介業社の立場からすると「1円でも高く売る」よりも「絶対に売りたい」という気持ちが先行してしまう場合が多くなります。

 

なぜならば、不動産仲介業社は広告宣伝費や人件費にいくらお金を使ったとしても、実際に担当(契約)した家が売れなければ、1円も利益が発生しないからです。

 

つまり家の売り主と不動産仲介業社の思惑の違いが「家の売却で失敗した」と感じる家のオーナーの後悔を増やしている原因だという事を理解しておきましょう。

 

家のオーナーがこの点を理解するか理解しないかで、不動産仲介業社との付き合い方が全然変わってくると言えるでしょう。

 

無駄なリフォームをしてしまった

家を売却する時の失敗談の1つとしてリフォームの例が挙げられます。家を売る側の素朴な心理として「リフォームをした方が高く売れる」と考えてしまいがちです。ですが、実際にはリフォームをしたとしてもそれによって家が高く売れるという事はほとんどありません。

 

それよりは家を綺麗に片付けたい、家をすみずみまで掃除をしたりする方がより効果的で費用対効果の高い対処法と言えるでしょう。

 

後悔しない為に実践するべき事

家を売ってしまった後で「もっと高く売れたのに」と後悔しない為にも、まずは自分の地域に住む物件の販売価格を知っておく必要があります。

 

それによって、不動仲介業社のだした査定額が妥当であるのか、そうでないのかの判断がつく事になります。また自分の家の価格の相場を知る方法として、複数の不動産業社へ査定を依頼する方法があります。その点についての詳しい情報はトップページにてご紹介しています。