家の売却:雨漏りしている家はどうすれば良い?

家の売却:雨漏りしている家はどうすれば良い?

家の売却を考える時に困るのが「雨漏り」です。「この雨漏りを直してから売ろうか」「でも修繕費がバカにならない」とか色々考えすぎてしまうものです。

 

このページではそんな「雨漏り」をどうする事がベストの選択なのかをご紹介しています。

 

家の寿命を縮めるような雨漏りなら修繕を考える

まず、そのままにしといても家の寿命自体を縮めるようなものでなければ、そのままにして家の査定依頼をしてしまうのも1つの方法でしょう。

 

ですがほっておくと、明らかに家が傷みそうな雨漏りなら何をおいても修繕した方が良いでしょう。何故ならば、その雨漏りが元で家の価値が大幅に下がるというのは家のオーナーにとって大きな損失になる恐れがあるからです。

 

築年数によって考える

また、家の築年数によって判断するという方法もあります。家の築年数で家の価値は大きく変化します。家の価値は約10年で0円になると言われています。

 

そう考えるともし、築10年以上のの家であるなら資産価値は限りなく0に近いと考えられます。もしそのような家に沢山な修繕費をかけると、家のオーナーにとって逆に損になる場合があるからです。

 

もし家の資産価値が0であるなら、家を解体して更地で売ってしまうという事も考えられます。

 

ですが家の解体費は最低でも50万〜150は掛かってしまいます。つまり「解体費」と「雨漏りの修繕費」どちらが高いのか。また自身の持つ物件は「更地」の場合と「一戸建て付きの土地」の場合とではどちらが高いのかを比較して総合的に判断するようにしましょう。

 

不動産仲介業社に相談する

最後になりますが、このような悩みは不動産屋に相談する方が良いかもしれません。まずは不動産屋に自身の家を査定してもらって、雨漏りをどうするのかも含めて総合的に判断するようにして下さい。