家の売却:火災保険を解約しないと損をする

家の売却:火災保険を解約しないと損をする

家を売却したら、火災保険の解約をしましょう。火災保険を解約する事によってほとんどの場合は「解約返戻金」が戻ってきます。

 

火災保険は解約しないと返金されない

当然の事ですが、火災保険は加入者が解約の意思を示さなければ、永遠に解約される事はありません。また加入している火災保険が長期契約の場合には、かなりの「解約返戻金」が戻ってくる事がありますので、火災保険の解約は忘れないように行いましょう。

 

火災保険の解約方法

火災保険の解約には保険を解約すうる書類を保険会社に提出しなければなりません。その為まず解約日(家の売却日:不動産売買契約書の日にち)が決まったら保険会社に電話をしましょう。

 

電話の内容は「家を売却したので◯月◯日で火災保険を解約したいです。必要書類を送って頂きたいのですが。」と伝えれば良いでしょう。

 

火災保険の返金手続き

火災保険の返金手続きは火災保険の解約書類に自身の銀行口座など「解約返戻金」の受け取り方法を記入する事になります。この火災保険の解約書類を保険会社に提出する事で、保険の解約と返金手続きが完了します。

 

お金が戻ってこない場合

火災保険の残りの契約期間が一ヶ月未満の場合には火災保険の「解約返戻金」が戻ってこない場合があります。その場合は火災保険の解約手続きをするのは無駄な労力となってしまうので、放置しておいても良いでしょう。

 

火災保険の契約残日が一ヶ月を切っている場合には保険会社に電話をして、保険を解約をした場合に「解約返戻金」が戻ってくるか確認をしましょう。保険の解約をするかしないかは、その後の判断でも良いはずです。