家の売却:買取りの特長と、仲介販売との違い

家の売却:買取りの特長と、仲介販売との違い

家を売却する際に迷うのが不動産仲介業者による「買取り」か「仲介販売」にするかという点があると思います。

 

このページでは「買取り」と「仲介販売」の特長と、どちらを選んだ方がお得なのかというお話をご紹介しています。

 

家の買取りの特長

不動産仲介業社に家の買取りをしてもらった場合の良い所は、何と言っても早く現金化できる事でしょう。つまり不動産資産を早急に現金化したいという方や、ある期限内にどうしても家の売却を完了したい方には「家の買取り」がお勧めです。

 

ですが「できるだけ高く家を売却したい」という方の場合には不向きな家の売却方法です。なぜならば不動産仲介業社は家の買取り後の「家の管理コスト」と「家の販売のコスト」を計算して、買取り額を決定しているからです。

 

つまり家を仲介販売した時に比べ何百万円か安く家を売却しなければならない事を覚悟しておきましょう。

 

家の仲介販売の特長

逆に家の仲介販売の場合は、家の買取りのようにスピーディーに現金化できないのが難点です。ですが先ほどご紹介したように、家の宣伝がうまくいけば、高く買い取ってくれる家の買い主を見つける事が可能になります。

 

つまり、家の仲介販売は、多少時間がかかっても「できるだけ家を高く売りたい」という方に向いている家の売却方法です。

 

ですが、家の販売価格が高すぎた場合には家が売れ残ってしまう結果になる可能性もありますし、売れ残った場合には自身の希望額よりも価格をさげて販売しなければならない場合もあり、難しい点があるのも事実です。

 

その為にある程度、実質的な家の相場を考慮しながら家の販売価格を設定する必要があります。

 

ちなみに、このホームページのトップページでは「知識ゼロでも家を最高値で売る方法」をご紹介していますので参考にしてみて下さい。