家の売却:不要な家具の処理方法や、活用法とは?

家の売却:不要な家具の処理方法や、活用法とは?

家を売却する時に困るのが不要な額です。今回は家の売却時の不要な家具の処分方法や活用方法をご紹介します。

 

不要な家具の効果的な処分方法

家を売却する際の不要な家具ですが、不動産仲介業社に依頼すると処分してくれる場合があります。ですがこの場合には処分代としてお金をとられてしまうので注意が必要です。

 

実はこんな時にお勧めなのが、リサイクル業社を活用する事です。リサイクル業社に依頼すると、不要品だと思っていたものを買い取ってもらえまし、買い取ってもらえなかったものも引き取ってもうらう事ができます。

 

本来お金を払って処分するものを買い取ってもらうので「お金を払う」場合と「お金を貰う」の差額は10万円以上にはなると予想されます。

 

住宅内覧の家具の役割

家を売却する際にはどうしようか迷う家具ですが、家を高値で売却する為には欠かせない「家の購入希望者による家の内覧会」では重要な役割を果たす場合もあります。

 

というのも「家の内覧会」ではインテリア用品があった方が、部屋がより良く見える役割を果たす場合が多いからです。

 

例えば住宅展示場の内覧会を想像してみて下さい。ソファーやテーブル、椅子等が設置されている場合がほとんどです。これは、住宅の購入希望者がその家での生活シーンをイメージしやすくする為です。

 

このように内覧会では不要な家具であっても有効な働きをする場合がある事を覚えておきましょう。ちなみに、家具をインテリアの一部として効果的に見せる為には、部屋の物が少ない事が絶対条件です。

 

内覧会の際には不要な物は、最大限断捨離をして「部屋を広く見せる」「部屋を綺麗に見せる」という事が重要になりますので、気をつけるようにして下さい。