家の売却【兄弟間で家の売買をする時に気をつけるべき事】

家の売却【兄弟間で家の売買をする時に気をつけるべき事】

兄弟間で家を売る時に気をつけるべき事

兄弟間で家の売買をする際に気をつけるべきは、やはり家の売買金額です。兄弟間ですと家の相場どうりに売買金額を決めない場合もありますが、親しい関係でのトラブルは一般的な場合とくらべて泥沼化しやすいので注意が必要です。

 

不動産仲介業社へ依頼しよう

不動産仲介業社へ仲介を依頼すると仲介手数料を取られてしまいます。この仲介手数料をとられる事が嫌で、不動産仲介業社を通さずに家を売買しようとする方もいますが、この方法は全くお勧めしません。

 

不動産の売買契約は専門的な知識が必要なので、素人が少し勉強をして不動産売買契約をすると契約の不備が発生する恐れがあります。

 

またもし、買い主と売り主がトラブルになった場合に不動産仲介業社を通していなければ、売り主と買い主が直接トラブル処理をしなければなりません。

 

これは、例えるなら「喧嘩の仲裁を喧嘩をしている本人達が自分でする」事と同じです。喧嘩をしている当事者は頭に血がのぼった状態ですから、お互いに冷静な判断ができるはずがありません。

 

そう考えると、なぜ不動産仲介業社へ高いお金を払ってでも家の売買の仲介を依頼しなければならないのか分かって頂けると思います。

 

要するに不動産仲介業社へ家の売買を仲介してもらうのは、スムーズな契約進行とトラブルが発生した場合の対処や保険の役割があるのです。

 

複数の不動産仲介業社へ依頼する事が重要

かと言って家の売却の仲介はどこの業社でも良いという訳ではありません。やはり兄弟間で家を売却する場合にはできるだけ安い仲介手数料の方が良いと考えるのは当たり前の事です。

 

仲介手数料を節約したい場合には、複数の不動産仲介業社へ査定を依頼すると良いでしょう。本来は査定額の比較で複数の業社へ査定を依頼する事が多いですが、仲介手数料の比較でも複数の業社への一括査定は有効に利用する事ができます。

 

複数の不動産仲介業社へ依頼して、仲介手数料が安く、顧客対応がしっかりとした業社を複数業社から選ぶようにして下さい。