家の売却:田舎の家は売れにくいのか

家の売却:田舎の家は売れにくいのか

正直な所田舎の家は売れにくいというのが現状です。ですが最近では、若い世代の中に「田舎暮らし」のニーズがあったり、福島原発事故の放射能問題で安全な田舎へ引越しを考える方が多いのも事実です。

 

このページでは「田舎暮らしのニーズ」と「田舎の家の売却」についてご紹介しています。

 

若い世代の田舎ぐらしが人気

最近では地方の過疎化対策としてIターン、Uターン政策に力をいれている地方が増えています。

 

また、個々人でも30代〜40代の人が田舎で暮らす事を希望する人が増えています。実際にもIターン、Uターンでの新生活を始める人が2008年より前から比べると3〜4倍に増えています。

 

これは、2008年のリーマン・ショックと2011年の東日本大震災の影響が大きいと考えられています。このような出来事によって、今までの経済第一主義や日本の安全神話が完全に崩れてしまった事の影響なのでしょう。

 

福島の原発事故の放射能問題

また東日本大震災で福島原発が大きな被害を受けて放射能事故が起こったのは記憶に新しい所です。この放射能の影響で放射能に汚染された地域の人は、安全な地域に移住した人は沢山います。

 

ですが、いまだに避難所生活をしている方は沢山おられます。このような方が安心をして暮らしていける1つの選択肢として田舎暮らしがあると考えられます。

 

とりあえず査定依頼してみる

このように大きなくくりで見ても「田舎の家で暮らす」という需要はすくなくはありません。田舎の家は売れにくいと始めからあきらめるのではなく、まずは査定依頼をして売れるか売れないかという判断をしてみるのも1つの選択肢ではないでしょうか。