家の買い替え記事一覧

木造建築の売買には、シロアリ被害に注意

木造建築物の大敵は湿気とシロアリです。家を買う際はもちろん売却する際にもシロアリ被害については気にしておいた方が良いでしょう。シロアリとはシロアリはアリと名前が付いていますが、厳密にはゴキブリの仲間です。またシロアリは厄介な事に空からも土の下からも侵入してきます。また場合によっては木材だけでなくコン...

≫続きを読む

 

家の買い替えなら「防犯に優れた家」とは

家の買い替えをお考えなら、泥棒に入りにくい家にするに越した事はありません。このページでは防犯に強い家の特長などをご紹介しています。音がする泥棒が嫌う家の特長として「音がする家」が挙げられます。音がする家というのも想像がしにくいかもしれません。別に防犯ブザーが鳴るという訳ではありません。もし夜中に防犯...

≫続きを読む

 

後悔しない家の買い替え【霊のいる家や事故物件の見分け方】

日本では新築の家が昔から人気ですが、日本もこれから先人口がどんどん減少していく関係で住宅物件が余っていく傾向にあります。そのような関係もあり改めて中古物件も一部では見直されています。事故物件とは中古物件に関しては築年数にもよりますが、驚くほど安い住宅物件が存在する事も確かです。しかしながら、中古住宅...

≫続きを読む

 

家を引っ越したらゴキブリ対策を

ゴキブリの実害ゴキブリは非常に気持ちの悪い生物です。女性はもちろん多くの方が嫌悪感を抱いているようです。このゴキブリですが「多くの人が実害はないけど気持が悪い」と思っているようですが、実はゴキブリには大きな実害がある事をご存知でしょうか?その実害とは病原菌を室内に持ち込むと言う実害です。人に限らず動...

≫続きを読む

 

買い替えで買ってはいけない家

事故物件の家事故物件とは、その家で人が自殺したり、殺されたり、孤独死した家の事です。なぜか相場よりもだいぶ安い家などは事故物件である可能性が高いので、そういった場合には値段が安い理由をよく不動産仲介業社へ確認するようにして下さい。田舎の家2015年の国勢調査によって日本の人口が始めて減少に転じた事が...

≫続きを読む

 

家の買い替えで気になる「家の寿命」について

日本の家の寿命は短い?日本の建物はヨーロッパ諸国と比べると建物の寿命が短いと言われています。具体的には日本の住宅の耐用年数は20年〜30年と言われています。それに比べヨーロッパ諸国の家の寿命は70年と言われています。この建物の寿命の違いは一体何なのでしょうか?それは日本が戦後急速に経済成長した事に関...

≫続きを読む

 

新築や買い替えで重要な騒音問題

騒音問題の例相場よりも安い土地や中古住宅を購入した場合には何かしら問題が隠されている場合があります。その問題の1つに騒音問題があります。騒音問題の例の中には下記のようなものがあります。◎子供や赤ちゃんの声◎車やバイクの音◎工場や工事の作業音◎航空機の音◎暴走族の出す音◎楽器の音他にも色々な騒音問題が...

≫続きを読む