木造建築の売買には、シロアリ被害に注意

木造建築の売買には、シロアリ被害に注意

木造建築物の大敵は湿気とシロアリです。家を買う際はもちろん売却する際にもシロアリ被害については気にしておいた方が良いでしょう。

 

シロアリとは

シロアリはアリと名前が付いていますが、厳密にはゴキブリの仲間です。またシロアリは厄介な事に空からも土の下からも侵入してきます。また場合によっては木材だけでなくコンクリートまで食い破ってしまう破壊力を持っているのでシロアリは木材しか食べないと油断しない方が良いでしょう。

 

シロアリの被害とは?

シロアリの被害はやはり木造部分の被害です。シロアリは木材が好きなので木造の家はシロアリの餌のようなものです。

 

もしシロアリの被害に気づかずにそのままにしていた場合には大切ね家がシロアリに食いつくされているという事もあるかもしれません。シロアリの被害があった場合には家の中でシロアリを見かけたり、家の立て付けが悪くなったりする場合もあるので、心あたりがある方は注意が必要です。

 

シロアリの駆除方法

通常はシロアリ駆除用の薬の散布が必要となります。シロアリ駆除は業社に依頼するのが一番ですが、シロアリ駆除の予算をさく余裕がない方には自身で駆除する方法もあります。

 

シロアリは湿気と暗い場所が好きなので、主に住宅の床下に巣を作る場合がほどんどです。また湿気が好きという事からお風呂の下や水回り設備の下などが危険な場所だと言えるでしょう。

 

つまりシロアリの被害が多い場所は、床下のお風呂場の場所とキッチンや水周りの多い場所である可能性が高くなります。もし自分自身でシロアリ被害を確認するなら先ほどご紹介したような湿気の多い場所からチェックするようにしましょう。

 

また、もしシロアリの巣やシロアリ被害を見つけた場合はシロアリの通り道と、被害箇所、床下の土壌への薬剤散布が必要になります。薬剤散布が自分でできるかどうか不安な方はシロアリ駆除の業社に依頼してみましょう。