家の買い替えなら「防犯に優れた家」とは

家の買い替えなら「防犯に優れた家」とは

家の買い替えをお考えなら、泥棒に入りにくい家にするに越した事はありません。このページでは防犯に強い家の特長などをご紹介しています。

 

音がする

泥棒が嫌う家の特長として「音がする家」が挙げられます。音がする家というのも想像がしにくいかもしれません。別に防犯ブザーが鳴るという訳ではありません。

 

もし夜中に防犯ブザーがなってしまうと近所迷惑になってしまう場合があるので、簡単に防犯ブザーが鳴るというのも不便な為です。ではどのような音がする家であったなら防犯対策的に優秀で近所にも迷惑がかからないような家なのでしょうか。

 

その良い例が足音がする家です。例えば日本に昔からある砂利などがそれに当たります。また最近ではじゃりと同じく調度良い音が鳴る石も販売されていますので、それを利用するのも良いでしょう。

 

光る、明かりがある

防犯対策次に良いと呼ばれているのが、光りや明かりがあります。よく人が近づくと点灯するタイプのライトなどが防犯には良いと言われています。

 

また夜は玄関の電気を点けておく事も防犯対策として効果があります。これはライトが点いている事で一目につきやすいという点で泥棒からは敬遠されているからです。

 

見通し良い

例えば家の回りの塀や生け垣が高過ぎると防犯的にはよくないと言われています。確かに塀や生け垣が高過ぎるとプライバシーを守る面では良いかもしれません。ですが防犯的にはマイナスに働く場合が多いので注意が必要です。もしも塀や生け垣が高い場合には防犯カメラやダミーカメラ等の防犯システムの設定を考えた方が良いかもしれません。