後悔しない家の買い替え【霊のいる家や事故物件の見分け方】

後悔しない家の買い替え【霊のいる家や事故物件の見分け方】

日本では新築の家が昔から人気ですが、日本もこれから先人口がどんどん減少していく関係で住宅物件が余っていく傾向にあります。そのような関係もあり改めて中古物件も一部では見直されています。

 

事故物件とは

中古物件に関しては築年数にもよりますが、驚くほど安い住宅物件が存在する事も確かです。しかしながら、中古住宅の値段が相場よりも安すぎる場合には注意が必要です。

 

なぜならば、相場よりのかなり安い中古住宅の中には「その家で自殺があった」「その家で殺人があった」「家で孤独死した」などのいわく付きの物件も存在するからです。

 

通常の事故物件の場合には物件の詳細資料に「当物件で自殺事件あり」などの記載がある場合もありますが、それがない場合も考えられるので、中古住宅の物件が考えられないぐらい安い場合には、なぜ安いのかその理由を必ず確認するようにして下さい。

 

事故を呼ぶ物件

問題のある事故物件の中には、その理由は定かではありませんが、事故物件がさらなる事故を呼ぶ事例が知られています。例えば、自殺の事件があった事故物件で、違う所有者が自殺をしたという事例です。

 

事故物件である事を知らずに中古住宅を購入したという場合もあれば、事故物件だと知りつつ中古住宅を購入した人が自殺をしたという事例もあるので、事故物件の購入には注意が必要です。

 

霊感のない人には何もおきない?

例えば、事故のあった中古住宅に霊感のある人が住むと何かが起きるというお話はよく聞くと思います。ですがこのような中古住宅に霊感のない人が住んだ場合にはどうなるのでしょうか?

 

この場合もケースバイケースになりますが、多くの場合には何も霊的な現象がおきないまま普通に生活ができてしまう場合が多いようです。だからといって霊感のない人が軽々しく事故のあった中古住宅に住んで良いという訳ではありません。

 

事故物件がリセットされる条件とは

例えば新築の家で自殺や殺人があった場合には、事故物件になるとします。その次に事故物件と承知の上でだれかが家を購入したとします。

 

その家を購入した人が普通に生活をしていて、次に売却する場合には事故履歴がなくなってしまう場合もあるようです。このような物件に当たらないように中古住宅の購入時には十分な確認が必要です。

 

あなたには霊感がある?誰でもできる霊感テスト

あなたに霊感があるかないかの診断ができるテストがあります。そのテストは次のような簡単なテストです。

◎誰でもできる霊感テスト

 

【1】目をとじて下さい。
 ↓
【2】自分の実家を思い浮かべます。
 ↓
【3】その家に玄関から入ります。
 ↓
【4】家に入ったら家中の窓を全て開けていきます。
 ↓
【5】全ての窓を開け終わったら、同じように家中の窓を閉めてゆきます。
 ↓
【6】全ての窓を締め終わったら玄関から出てドアを閉めます。

 

※家の中で誰かに会った人は霊感があります。

 

このテストで霊感があるという結果が出た人は中古住宅の購入の際に特に気をつけた方が良いかもしれません。