新築や買い替えで重要な騒音問題

新築や買い替えで重要な騒音問題

騒音問題の例

相場よりも安い土地や中古住宅を購入した場合には何かしら問題が隠されている場合があります。その問題の1つに騒音問題があります。

 

騒音問題の例の中には下記のようなものがあります。

 

◎子供や赤ちゃんの声
◎車やバイクの音
◎工場や工事の作業音
◎航空機の音
◎暴走族の出す音
◎楽器の音

 

他にも色々な騒音問題がありますが、重要なのは近隣トラブルで一番多い内容が騒音トラブルだという点です。つまり新築を建てる場合や、中古住宅を購入する際に一番にしなければいけない項目の1つが「騒音」だと言っても過言ではないという事になります。

 

今後なくなるかもしれない騒音となくならない騒音

また騒音にも色々ありますが、今後なくなる可能性のある騒音と、ほぼなくならないだろうという騒音があります。

 

例えば隣の家の赤ちゃん泣き声や子供出す音や声なら、その子供が大きくなるにつれて騒音が解消される可能性が高くなります。

 

ですが、近隣の工場の作業音や航空機の音などは、その騒音がなくなるという可能性は極めて薄いでしょう。このように今後なくなる可能性が薄い騒音については、実際に家に住んだ場合一生付き合う覚悟が必要かもしれません。

 

購入後に後悔しない為の騒音の確認方法

騒音の問題は実際に新居に住みだした後に分かったという事が意外と多いものです。ではなぜこのような問題が起こるのでしょうか?

 

それは家の購入時に契約内容を細かくチェックしていなかったという場合もあります。契約書には瑕疵問題を含め不動産物件の詳細が細かく記載されています。後で改めて読みかえしみると「騒音」についての問題も記載されている場合があるので契約の際には注意が必要です。

 

また実際には上記のように契約書には記載されていない騒音がほとんどなので、自分自身で購入予定の住宅物件に騒音問題がないのかを確認する必要があります。

 

その方法として良いのが、曜日と時間を変えてその物件を何度も確認しに行く事です。この方法一見凄く面倒なような気がしますが、それは当たり前の事であると言えます。

 

なぜならば、住宅を購入するというのは何千万円もの買い物をするという事です。何千万円もの買い物と言えば一般のサラリーマンの10年分ぐらいの給料に匹敵するような金額です。

 

自分の10年分の給料を支払う買い物に、1週間やそこらの時間を使えないというのはどう考えてもおかしな事です。また住宅の購入は今後ずっとその家に住むという事ですから、できる事は全てやるつもりで家選びをする事が大変重要になってきます。